三宿DP邸

三宿DP邸

都心の狭小地に建つ三階建ての住宅。
オーナーは、5年前に中古住宅としてこの場所を購入し、古い家に我慢して住み続けながら、ようやく念願のRC外断熱住宅を実現しました。
フロア毎に用途変える潔いプランにより、狭小住宅特有の狭さを感じさせない空間を実現しています。
3階のダイニングはバルコニーとの一体感を重視した開口部を設けています。
内装をほとんどほどこさない「未完箱」第三弾。

住所:世田谷区三宿/敷地面積:15.7坪 述床面積:24坪 構造:RC外断熱工法:地上3階
設計:豊川義憲/LDK

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+Pin on Pinterest