RC外断熱改修工事始まる

rcc06_main

都内某所で外断熱改修工事が始まりました。
初めてお会いしたのは夏の暑さが厳しい時期で、お邪魔した時には、エアコンを朝から運転し続けているにも関わらず、屋内でじっとりと汗ばむような状態でした。
それもそのはず、RC造の住宅にも関わらず、屋内外共にコンクリートの打放しで、壁面には全く断熱がなされていませんでした。
オーナー様は中古で購入されたのですが、夏で一番暑い時期には最上階のリビングでは過ごさず、眠る時も普段の寝室とは異なる地下でお休みになるとのことでした。住居内での遊牧民のような生活も毎年のことで慣れてしまっているようでしたが、外断熱の効果と、建物が本来持つ性能を発揮しきれていないことをご説明したところ、外断熱改修工事に踏み切って頂きました。
今はまた寒さも厳しい時期で、躯体も冷え切った状態ではありますが、1日でも早く快適な住環境を体感頂きたいと思います。

LDKホームでは、新築のRC住宅は「外断熱工法」以外の工法ではお請け致しません。
また、同じような事例でお悩みの方々には外断熱改修工事をお勧めしています。
外断熱の方法は、コンクリートの風合いを保つGRCパネルによる乾式工法と、多彩なカラーバリエーションが選択できるアルセコ社の湿式工法をご用意しておりますので、既存の建物イメージに合わせながら、お住まいの価値を高めることができます。
お気軽にお問い合わせください。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+Pin on Pinterest