流山YD邸

鉄骨住宅の実例-流山YD邸

家族のサイズを体現するスマートハウス。
広い庭と広いデッキというキーワードから始まり、様々なエリア選定を経て、ようやく実現した郊外の広い敷地に建つ家族三人のための低層鉄骨住宅。
1階は広い庭へと続くLDKのみという、施主のシンプルでスマートな生活スタイルを表現する潔く明解なプラン。
黒を基調とした内外装も潔さを際立たせています。

住所:千葉県流山市/敷地面積:47坪/延床面積:26.5坪/構造:軽量鉄骨造/規模:地上2階
設計:吉川敦行、矢野裕/LDK

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+Pin on Pinterest