竹の塚IW邸

鉄骨住宅の実例-竹の塚IW邸

住まいを包み込むシールド形状の外壁が特徴の二世帯住宅。
それぞれ二層ずつを分け合った長屋形式の二世帯住宅ですが、特徴ある外壁の形状により、別世帯をまとめるような不思議な一体感を感じさせます。
現地で何度も実物のサンプルを見比べながら決定した外壁仕上げ。四層全てに施した櫛引きのテクスチャには職人の腕が光っています。

住所:東京都足立区/敷地面積:27坪/延床面積:60.18坪/構造:重量鉄骨造/規模:地上4階
設計:河野有悟/河野有悟建築計画室

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+Pin on Pinterest