月島HS邸

鉄骨住宅の実例-月島HS邸

計画地は、好立地である反面、埋め立て地であるということがウィークポイントでした。出来る限り地中の工事を軽減しつつ、大きなスパンを確保したいというコンセプトから、RCと鉄骨の混構造を採用しました。その結果、重厚なガレージと店舗スペースを確保しながら、住宅スペースにも開放的な空間が生まれました。限られた日照を住まい全体に行き渡らせるための大きな吹抜けも、この住まいの大きな魅力です。

住所:東京都中央区/敷地面積:/延床面積:/構造:鉄骨造(一部RC造)/規模:地上3階
設計:屋代寛/LDK

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+Pin on Pinterest