中井KC邸

間口に比べて奥行きが非常に長く、さらに奥が高くなるという独特な敷地形状でしたが、鉄骨とコンクリートの混構造とすることで、敷地の制約条件を見事にクリアしました。
建物の奥行きをさらに強調するかのように、徐々に開口部に向けて広がる建物のデザインも周囲の環境から際立つ存在感を放っています。
愛犬家のご夫婦の住まいのため、床や壁の素材の細部にまで緻密に計算された住宅となっています。

所在地:東京都新宿区/敷地面積:/延床面積:/構造:鉄骨造(一部RC造)/規模:地上2階
設計者:林寛行/ハヤシラボラトリーズ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+Pin on Pinterest