南麻布LA邸

広尾駅から至近距離の住宅街に佇む一戸建て。
建売住宅として計画したこの住宅は、購入者層を緻密に計算し、間取りから設備、内装までを徹底的に作りこみました。
個人の注文住宅とは異なり、極端な個性が出しにくい反面、ほどよい「落としどころ」を見出していくプロセスを通じて、「優しさ」と「切れ味」を程よく共存させることに成功しました。ライティングデザインもand LIGHTの横田道子さんに手掛けてもらうことで、空間の演出効果が高まっています。
SE構法により実現した大空間もピーエス社のラジエター式冷暖房機により、常に快適な住環境に保たれており、カラダにも優しい家づくりになっています。

所在地:東京都港区/敷地面積:27.67坪/延床面積:41.58坪/構造:木造(SE構法)/規模:地上3階
設計者:吉川敦行/LDK  照明設計:横田道子/and LIGHT

Tweet about this on TwitterShare on FacebookGoogle+Pin on Pinterest