RC外断熱住宅

様々な骨材(砂利や砂)とセメント、水で作られたコンクリートは、質量が非常に高いので、蓄熱体としての効果もとても高いです。
ともすれば、それがメリット、デメリットになることがあります。
RC外断熱工法は、コンクリートの蓄熱体としての効果を最大限に発揮する工法。
躯体が外部環境から受ける負荷を極限に減らし、室内で発生した良好な温熱環境を効果的に躯体に蓄熱します。
ハッキリ言いましょう。外断熱工法以外のRC住宅はあり得ません!

外断熱工法断面図

「コンクリート外断熱」という暮らし方

ニッポンにおける代表的なコンクリート建築は99%が内断熱です。しかし、本来であれば、コンクリートやレンガのような比重の大きな材料で建築する場合には、躯体の外側で断熱しないと意味がありません。これは世界的には常識なのです。ニッポンの内断熱という非常識が、壁内結露やカビの発生、過剰な機械式冷暖房、新建材の乱用など様々な矛盾を生み出しています。
LDKホームでは多くのコンクリート外断熱の実績のなかで、建物本来の高性能ボディ、本当の快適さについて実感してきました。 コンクリート建築における断熱は、外断熱しか考えられません

内部空間の自由を解放する外断熱

コンクリート外断熱では、内部空間側のコンクリート壁面に余計なプラスターボードを貼る必要がありません。そのため、壁面の仕上げはとても自由になります。珪藻土、漆喰、天然塗料による塗装、もちろん打ち放しにもできます。コンクリート外断熱は、機能や性能、居住性の良さが格段にアップすることは言うに及ばず、建築が本来持つ「空間のオーラ」を最大限に引き出す必要条件でもあるのです。

"蓄熱"が生み出す健康的な温熱環境

コンクリート外断熱は、屋外の環境から躯体を守るだけでなく、内部で発生させた熱を外部に逃さずに蓄えるという効果があります。この「蓄熱」効果は夏場の冷房、冬場の暖房の双方に効果があり、空気を冷やしたり暖めたりする空調とは異なり、建物そのものを冷やしたり暖めたりするという発想です。これにより、屋内の極端な温度差が解消され、ヒートショックや過剰な空調を低減する効果があります。健康的な住まいは、仕上げに使用する建材だけでなく、躯体から考える時代になっています。

RC外断熱住宅の実例

REINFORCED CONCRETE HOUSE

REINFORCED CONCRETE HOUSE

REINFORCED CONCRETE HOUSE

RC住宅の実例-経堂IM邸

REINFORCED CONCRETE HOUSE

RC住宅の実例-池尻LA邸

REINFORCED CONCRETE HOUSE

RC住宅の実例-三宿DP邸

REINFORCED CONCRETE HOUSE

RC住宅の実例-上目黒ecru

REINFORCED CONCRETE HOUSE

RC住宅の実例-田端GT邸

REINFORCED CONCRETE HOUSE

RC住宅の実例-宇都宮YM邸

REINFORCED CONCRETE HOUSE

RC住宅の実例-板橋SM邸

REINFORCED CONCRETE HOUSE

RC住宅の実例-南町YD邸

REINFORCED CONCRETE HOUSE

RC住宅の実例-田端HY邸

REINFORCED CONCRETE HOUSE

RC住宅の実例-駒沢KM邸

REINFORCED CONCRETE HOUSE

RC住宅の実例-横浜NY邸

REINFORCED CONCRETE HOUSE

RC住宅の実例-代々木SS邸

REINFORCED CONCRETE HOUSE

RC住宅の実例-横浜OT邸

REINFORCED CONCRETE HOUSE

RC住宅の実例-大和OD邸

REINFORCED CONCRETE HOUSE

RC住宅の実例-目黒OA邸

REINFORCED CONCRETE HOUSE

RC住宅の実例-港北UN邸

RC外断熱住宅のコラム